このページの先頭
モリ・コミュニケーションズ|PREMIUM FLOOR

what's moricommunications

モリ・コミュニケーションズとは

森 昌史が代表を務める、総合クリエイティブカンパニー。
多彩な分野のプロフェッショナルが集まり、豊かな経験、強力なアイデア、研ぎすまされたセンスから生み出すプラン&クリエイティブディレクションで、お客様のビジネスをサポートします。

主なクリエイティブワークス

業界ファッション誌の編集出版

「着たくなる日」
「IS -In Style」
「BLACK & WHITE(DVD BOOK)」 他

インテリアデザイン及び建築設計

Premium Floor

直営飲食店の運営

「Japanese Dining Lounge HARI」
「JAPANESE DINING&BAR KASUI」

各種プロデュース

出版、広告、映像、WEB、CIなどのグラフィックデザイン及びプロデュース
ショップインテリアやマンション建築などのスペースデザイン及びプロデュース
飲食、物販、サービス、宿泊施設、などの開業運営及びプロデュース

corporate philosophy

企業理念

「この店でなければ・・」と言う付加価値が無ければ、店舗は生き残れない。

昨今の「物溢れ」の現代、ユーザーは氾濫する商品の中から、より自身のニーズに合う「商品」を選びたいと言う「シビア」な目線で「消費」と言う行動を自身で精査していると私は考えます。

だからこそ「商品そのもの」の「良さ」「価値」が今まで以上に求められる時代になったと言える訳ですが、逆から見ればそれだけ商品が溢れている現在、商品そのものの「力」で、大きく差別化を図るには、よほどの「商品力」がなければ、頭一つ抜きんでる事すら難しい時代になったとも言い換える事も出来るでしょう。

ではその「差別化」を明確に打ち出す事の難しい「商品」に、一体何を以て付加価値やアイデンティティーを打ち出してゆくのか?と言うのはどんな「商い<ビジネス>」に於いても、非常に重要な問題として考えられています。

そんな潮流の中、店舗の活性化やお客様の誘致力の強化、勿論商品への付加価値の向上と言う視点より、「店舗MD」「店舗VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)」と言った言葉が業界紙を賑わすのは「次代」に向けて必然なことだと私も感じます。

そう言った戦略の一つにある「店舗デザイン戦略」や「店舗改装・リニューアル」と言う考え方は、先述の問題点に対する解決策の一つとして重要なポイントになると私達は考えます。皆さまは、自店の「商材」がユーザー様にもっとも良く映り、その商品以上の付加価値をも創造する、センスや清潔感ある店舗内装をされているでしょうか?

その商材が洋服であれ、バックであれ、食べ物であれ、何だったとしても、お店の特徴、カラー、独自性をコアに打ち出す事が専門店としてのブランド価値をより鮮明に映えさせます。

ルイヴィトンは店舗デザイン戦略に特化することで、商品の原価以上に商品を良く見せることに成功し「こんな素敵なお店でお買い物ができて嬉しい」という自尊心まで満たしています。それこそが商材の高い安いに関わらず、ユーザーの「心の満足」までも提供する「商店(物やサービスを販売する店舗としてあえてそう呼称させて貰います)」としてのあるべき方向性だと私たちは考えます。

顧客側にとって、自身の大切な買い物をすると言う事に於いて、どんな「商店」もルイヴィトンショップと何ら差は無いのです。それを、皆様は本当に気付かれておられるでしょうか?

いい店舗デザインとは、商材をより映えさえ、昇華させる、いわば「舞台」であり、その舞台作りのお手伝いを命懸けでさせて頂くのが、我々の生きがいであり、仕事であり、企業理念そのものなのです。


プロデューサー・森 昌史

company overview

会社概要

会社名


設 立

資本金

所在地


代表者

事業内容


Webサイト
有限会社 モリ・コミュニケーションズ
http://www.moricomi.jp/

2000年01月01日

300万円

〒600-8790京都府京都市下京区室町高辻上る575
TEL 075-341-1241 FAX 075-343-9131

森 昌史

店舗デザイン・リフォーム設計、飲食店舗総合プロデュース、各種業態開発プランニング、
各種グラフィックデザイン制作、web制作・販促プランニング

http://www.moricomi.jp/

staff introduction

スタッフ紹介

  • 森 昌史 MORI MASASHI
    モリ・コミュニケーションズの全てのコンセプト・プランニングワークスを手掛ける、総合プロデューサー。
    中学卒業後から、ヘア&メイク、アパレルメーカー、DJ、バーテンダー、等、その時代を感じる現場でクリエィテブディレクションのノウハウを独学で学び、画一的な感性とは違う切り口で、時代を読み、的確に具現化する徹底した「現場主義」のクリエイティブディレクター。
    本人の意思とは別に、それを生業としていない時代からクライアントの要望にて仕事が増えた事により、モリ・コミュニケーションズという<クリエイティブカンパニー>を創業した、異色の経歴。


  • 藤田 卓彦 TAKAHIKO FUJITA
    デザイナー/クリエイティブディレクター
    インテリアデザイン専門学校を経て、設計施工会社勤務。
    独自のノウハウと経験から、空間も1メディアと考えグラフィック等と
    連動したブランディングディレクションを行うSACRA*associates設立。
    Premium Floorデザイナーに就任。


現場調査・ヒアリングを含む、スケッチパースによるデザインプラン(平面図含む)までのご提案は全て無料にて承らせて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。
>>お問い合わせはこちらまで。<<
PRIVACY POLISY